いちご狩り 千葉県
☆旬のイチゴが送料無料で届きます!

イチゴ 種類

イチゴの「紅ほっぺ」は大粒であざやか紅色

いちご狩り@千葉県ファンが、お勧めイチゴの種類を紹介します(^^)/

甘くて大粒の「章姫(あきひめ)」と、
  コクと酸味のバランスがいい「さちのか」と、
を掛け合わせて、静岡県で生まれた種類「紅ほっぺ」です。
なんともかわいらしい名前のイチゴちゃん♪

大粒で鮮やかな紅色はとってもきれいで、中身までしっかり赤いんですよ。
親のいいところばかりを受け継いで育った優等生は、まさに「かわいい真っ赤なほっぺ」って感じです。


 この写真は、
 信州ハーツさんの
 大粒 紅ほっぺ


「紅ほっぺ」の名前の由来は、その真っ赤な見た目と、ほっぺが落ちるほどのおいしさからきているようですね。
ジューシーで、甘さの中にも適度な酸味があって、口に含んだ途端に広がる甘みがやみつきになりそう(^.^)

このサイトのTOPへ

イチゴの種類とちおとめは大粒で人気

いちご狩り は千葉県のファンがイチゴ種類を紹介します(^^)/


 旬食材大信さんの とちおとめ
 の写真です

栃木県で生まれたイチゴの、「とちおとめ」。
大粒イチゴの人気急上昇に乗って、「女峰」に代わる種類として作られた、甘~いイチゴちゃんです。
「とちおとめ」は、「女峰」に代わるという務めをしっかり果たしました。
平成8年の品種登録というのに、今や「とちおとめ」は東日本のシェアNo.1の座に君臨している人気種類となっています☆彡

「女峰」よりも大粒で、鮮やかな赤色の果皮は美しく、レッドパールと呼ばれているくらいです。
酸味は控えめで甘味が強くて、みずみずしさもあるから、食味もバツグン♪
「とちおとめ」はジューシーなのに日持ちもするから、いちご を扱う農家や市場で人気が高いのも、納得ですね。

しか~し、人気者とは言え、世の中の新旧交代の波は速く、目新しくて愛らしい名前のイチゴ種類に人気が集まってしまいます。
 今日のイチゴちゃん人気ランキング

「とちおとめ」、がんばれ!

このサイトのTOPへ

いちご の品種「女峰」は昔ながらの酸味が旨い

いちご狩り@千葉県のファンがイチゴの種類を紹介します(^^)/
今日は「女峰」のお話。

栃木県日光の女峰山の麓で生まれ育ち、その名前がつけられたました。
栃木を中心に東日本でたくさん栽培され、「東の女峰」「西のとよのか」と言われています。
昔ながらの いちご の味を感じる、「女峰」。
形も小さいけど、昔ながらのイチゴらしい形をしてると思いま~す。
これまでのイチゴっていうのは、甘味プラス酸味の味だったんですが、最近の大粒系は甘さが効いてますね。

「女峰」はその酸味とともに、他の いちご と比べて果肉の赤色が鮮やかだから、ミルクをかけて食べたり、デザートに使ったりするのにもってこいなんですよ~。
いちご の種類としては早生で、12月上旬から収穫が始まるところも多いから、クリスマスケーキに乗っけるんなら「女峰」で決まり!
実がしっかりしてて、少々の雑な扱いにも負けませんよ。

 これは、
 味縁(あじえん)さんの香川県産女蜂


ところが、みんなやっぱり甘い方がいいのか、今の東日本での人気は「とちおとめ」に負けちゃってる・・。

でも、数年後にはまた「女峰」の人気が戻ってくるに違いない。
やっぱり いちご の種類は「女峰」に限るよ!なんて、ネ。

このサイトのTOPへ

イチゴの種類「さちのか」は「生産者と消費者に幸あれ」!

いちご狩り@千葉県がイチゴの種類を紹介します(^^)/

大き目の果実は香りが良くって甘味が強い濃厚な味の「さちのか」には、「生産者と消費者に幸あれ」という意味があるのよ(^^)/
「とよのか」の後継種として作られたイチゴの種類なんだけど、
食味最高の「とよのか」と大粒で有名の「アイベリー」を親に持ち、きっちり親のいいところを受け継いでますねぇ。


 この写真は、
 フルーツボンバーさんの
 さちのか


「さちのか」は九州で多く栽培されているけど、果肉が硬めで日持ちがいいから、どこの市場でもバツグンの人気。
たしかに最近、スーパーやデパチカでよく見かけるわ。
どこでもおいしい「さちのか」が食べられるってのは、うれしいですね♪

ところで、イチゴにはビタミンCがいっぱ~い含まれていることを知っている人は多いはず☆
でも、イチゴ種類によっても含有量はちょっとずつ違っていて、イチゴの種類の中では、この「さちのか」にたくさん含まれているんだって。
ついでにガン予防に効果のあるアントシアニンも多いんだって。

美容にも健康にもいいとは、さすが「生産者と消費者に幸あれ」の「さちのか」君。

このサイトのTOPへ

いちごの王様アイベリーは千葉県のイチゴ狩りで


いちご狩り@千葉県へご案内します(^^)/

「イチゴの王様」と呼ばれている いちご種類を知ってるかな?
千葉県にはこのいちご種類をイチゴ狩り できる農園もあるから、知ってるかも(・・?
テレビでも紹介されてたりするし。

「王様」って他に呼ばれているものもあるかもしれないけど、よく聞くのは「アイベリー」というイチゴです。
このイチゴ、子どもの拳ともニワトリの卵とも言われるくらいの巨大さなので、大きさはかなりのもの。
そう、イチゴの中で一番大きいんじゃないかなぁ。
しか~し、大きさだけで王様になってるんじゃないんですヨ(^^)/
味も甘くておいしい王様だし、お値段も王様級。。。
高級フルーツのお店「千疋屋」で見たら、自分では買う勇気のない値段でした(-_-;)

 この写真は、
 千疋屋総本店さんの
 苺の王様 アイベリー


大きくて甘くて高級だから、よく贈り物として利用されるようです。
宮崎県産のマンゴみたいな感じかな。
「愛(アイ)ベリー」という名前から、愛の告白のフルーツにはもってこい!?
“好きです!!”って イチゴを渡されてもちょっとピンとはこないかな。

「アイベリー」は愛知県で作られたから、この名前になったようだけど、まさに愛すべきいちごです。

「アイベリー」のイチゴ狩りは、千葉県の東庄町を通る国道356号線「いちご街道」で探してみてね。

このサイトのTOPへ